腰痛の悩み

腰痛に悩まされて早幾年…。なんとかしたーい!

腰は一番重要な場所

腰が悪くなると肩がこったりもします。漢字に月がついているものはとても重要な部分という意味だそうです。腰については月に要ですからね、本当に重要な場所なんです。軽く考えないで早めの治療が必要です。

日常生活から来る原因

腰痛を悪化させない為、又は腰痛予防の為にも日常生活のチェックは欠かせません。日々の生活の中で、ちょっとした事が腰痛原因となっている事が多いのです。こうした原因を探ることで、腰痛を根本的に予防するという考え方もあります。

姿勢が変われば腰痛も楽になる

腰痛は、姿勢の歪みや癖によるものが原因の一つとよくと言われています。癖はなかなか治すことができません。そのため歪みとなっていくのですが、整骨院や整体院などにかよって正しい位置にしてもらったあとは姿勢を保つようにしなければなりません。日本人の姿勢は腰痛を起こしやすいのだそうです。お腹が前にせり出して頭も前方に傾いている姿勢です。まちなかでよく目にしませんか?外国人にはそのような姿勢の方は滅多にいません。彼らには腰痛という言葉すらないのだそうです。正しい姿勢を学んで腰痛対策をしてみましょう。

身体の歪みも原因

整骨院の先生のお話を聞いてびっくりしたのですが、人間は不通に生活をしていると身体が歪んでくるそうです。例えば料理をしているとき右手は包丁を使ってたくさん動かしますが左手は添えているだけですのであまりつかいません。こういった身体の使い方で少しずつバランスが悪くなっていくそうです。確かに肩こりは片方だけしかしません。それではどの様にしてこれを直すのか?先生がおっしゃるには肩こりには背泳ぎの動きが良いそうです。てをぐるぐる背泳ぎの様に回すといいそうですよ。

歪みについて

腰痛の原因に、体のゆがみがあります。体のゆがみは普段の生活や、交通事故後などからのものが多いようです。痛みを感じて病院にいくことが多く、慢性化しなければゆがみが分からないことも、よくあることです。すぐに整骨院や整体院に通いたいところですが、まずはレントゲンを撮ってから、CTやMRIで検査をしてからという手順になるようです。病院で改善できれば、そこで終わってしまい、ゆがみに気づかないことも多いのです。体の軸となる部分がゆがんでいると、腰だけではなく、頭まで痛みがくることもあります。
治療院によっては体の歪みに重点を置いて根本的な痛みの改善を目指しているところもあります。HPなどでお近くの整骨院を調べてみて、自分に合ったところが見つかると一番ですよね。

腰痛はもちろん、交通事故治療にも力を入れているアットホームな整体院です。

転職を考えたら

結婚・出産育児・介護、はたまた自身の健康状況…
ライフスタイルの変化によって、今や転職は誰にでも起こり得ますよね。
雇用形態も、パート・アルバイト・正社員…といろいろ考えられます。

職探しの際には条件をよ~く見定めると思いますが、やはり福利厚生は重要ポイントですよね。

ここで改めて「福利厚生」についておさらいです。
——————-
【Wikipediaより引用】
福利厚生(ふくりこうせい、fringe benefits)とは、企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬である。また多くの場合、企業の福利厚生の対象は従業員のみならず、その配偶者や家族、あるいはかつて従業員だった者にまで及ぶことがある。

福利厚生の例

  • 住居(家賃補助、借り上げ、社員寮、貸付金等)
  • 保険(健康保険、雇用保険、団体保険等)
  • 年金(厚生年金、共済年金、企業年金等)
  • 勤労者財産形成貯蓄
  • 子育て支援
  • 資格支援
  • 福利厚生施設
  • 社員旅行
  • クラブ活動、実業団の補助

——————-

今日はこの中から
以前離職した際にとても助けられた、「雇用保険」にスポットを当ててみます。

雇用保険に加入していれば失業した時に失業手当が支給されます。
求職活動をしている間の生活が保証されるようなものですから、
万が一あなたがまた職を失った時…辞めたとしても、辞めさせられたとしても本当に助かるものです。

転職がすぐにできればいいのですが、
休職中に失業保険給付があれば、当座の生活費にこまることはありません。
頂いていたお給料よりも低い額ですが、ないよりはあったほうがいい。
これは当然のことですね。

退職後の準備期間~公共職業訓練所を活用する~

さらに職業訓練制度を活用することで、
すでに持っているスキルのアップや新たに挑戦したい職種のための技能を身に着け、転職に活かすことできます。

公共職業訓練(離職者訓練)とは
再就職の実現にあたって必要となる知識・技能を習得するための訓練です。
主に雇用保険を受給している求職者の方を対象に、就職に必要な職業スキルや知識を習得するための訓練を無料(テキスト代等は自己負担)を実施しています。

様々なカリキュラムが用意されていますので、
失業保険受給中のスキルアップのために活用してみてくださいね。

疑問解決にピッタリ!ご参考にどうぞ